福島の方々を保養に!今年もせとうち交流プロジェクトはやりますよ~!!!

2011年3月11日東日本大震災から5年がたちました。 福島を始め、未だ放射能の影響で苦しむ人々は減っていません、 それどころか目に見えて体調が悪くなる方々、病気で苦しむ子どもたちが増えています。 「もう5年もたつんだから、そろそろ大丈夫でしょ?」「まだ募金集め?」そんな声も上がっています。自分たちの子どもが、孫が、友人が・・・と思ったら放っておけるでしょうか? 実際私も日々の生活に余裕もなく、ついつい忘れてしまいそうになることもあります、 だからというわけじゃありませんが、せめて募金を集めて、福島の方々を岡山へ保養に来てもらいたいと思っています。 実際ついこの間、鎌仲ひとみ監督の「小さき声のカノン」を見ることが出来、更に監督の話も聞くことが出来ました。 保養の大切さを実感し、やはり続けなくてはと改めて感じたのでした。 今年も福島の子ども達と保護者、約30名の方々を岡山に招きます。 7月20日~7月29日夏休みに入って直ぐになります。 福島の子どもたちが、のびのびと外遊びが出来る事を願って、保護者の方々が少しでも安心して過ごせる、心も体もリフレッシュ出来る事を願って、どうぞ皆様のご協力をよろしくお願いします。オぷストでも募金集めをしています、この募金は全て福島の方々への滞在費などに使われます。どうか福島の子どもたちを皆さんで守って下さい。